亮月写植室

ROBO15XY II 1987年

●作図機能が更に進化。破線や円組ジャスト印字も可能な高性能機。

ROBO15XY II写真


文字枠変形レンズFQレンズルビ1歯送り1〜4H送りQ数連動ベタ欧文自動送りインチ送り1/32em送りEM機構全角送り2分送り4分送り植木算ジャスティファイTAB検出板自動復改禁則処理連続印字水平組異級数斜体ライン揃え円組斜組文字回転文字編集カーサースポット罫線斜線・円・楕円プロッターリライト点示ロールラチェットLED表示CRT電動操作操作キーキー入力

●作図機能が進化した、ROBO15XYの後継機

 写真植字機として初めて作図機能を搭載した「ROBO 15XY」(1986年)が更に進化した機種です。
 ROBO 15XYシリーズは15型高解像度ディスプレイを装備し、見ながら印字・見ながら作図を実現しました。組版の面ではジャスト(ジャスティフィケーション)機能を拡張し、空印字(空I・空II・空III)を搭載している上、仮写植中の文字(900文字まで記憶可)の位置を画面上で移動させることができる「カーサー機能」を備え、印字する位置を自由に移動したり変更・挿入・削除したりと試行錯誤してから印字できるというDTPに近い操作感を得ることができました。作図の面では2点間の直線(縦・横・斜め)や連続した折れ線、円、楕円、円弧の描画が可能です。

 この機種で初めて可能となったのは、
・破線作図
・ラウンドコーナー連続印字(ラウンドコーナー矩形をスポット罫線のみで印字)
・破線による作図(斜線可)
・円・円弧組ジャスト印字
です。これらによって、従来版下作業に頼っていた複雑な作図や組版を写植機のみで完結させることができるようになりました。
 また、オプションとしてタブやファンクション(一連のテンキー操作を126操作まで記憶×4チャンネル)を記録できる「ピコフロッピー」を搭載することが可能で、電算写植のように定型の様式などはフロッピーから印字位置や罫線の位置などを呼び出して効率よく作業することができます。


ROBO 15XY IIの操作パネル

●その他の機能、仕様

モリサワ『ROBO 15XY II』カタログより。

寸法 幅1300×奥行1000×高さ1350mm
質量 255kg
所要床面積  
機械内容 主レンズ 24本(7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、18、20、24、28、32、38、44、50、56、62、70、80、90、100Q)×FQレンズ(+5、10、15%)
変形レンズ 4種(No.1~4、ズームまたはNo.5を出荷時選択)
文字枠収容文字盤 書体文字盤 2組
バラ文字盤 16枚
収容感材寸法 305×355mm
ファインダー

有(全字形常時投影)

ディスプレイ ブラウン管 15インチ 白地に黒文字
等倍、2倍、4倍、1/2倍
電源、光源 AC100V 800VA
環境条件  
価格  

→写真植字機総覧〈モリサワ編〉目次
→写植とは

→メインページ

© 亮月写植室 2011-2022 禁無断転載