空印字1空1・2空1〜3空印字【からいんじ】


●ジャスティフィケーション印字

 1973年にPAVO-Kに初めて搭載された「割付計算」機能でしたが、更に複雑な組版に対応するために空印字機能「空 I」「空 II」「空 III」(それぞれジャスティフィケーション I、II、IIIとも呼ぶ)が開発されました。

 空印字機能を用いると、ある行長に対して行末に空きがないように文字が収まるようなスペース配分・字送り量・Q数・文字の形状を写植機が計算し、自動的に設定することができます。
 まず空印字を実際の印字と同じように行います。このとき印字はしないで送りだけがなされます。空印字が終了したら写植機による計算・設定を経て本印字に入ります。本印字のときオペレータは採字のみすればよいようになっています。

 空印字機能の初搭載は「空 I」がPAVO-K2 および PAVO-JP(1977年)、「空 II」は5インチディスプレイを初搭載のPAVO-JV(1979年)、「空 III」は15インチディスプレイを初搭載のPAVO-KV-KVB(1983年)でした。 (※亮月製作所調べ。資料の発掘によっては訂正される可能性あり。)

●空 I(空印字1)

 行長とQ数が決まっているとき、残余歯数(空印字のとき行末にできた空間の歯数)とスペースによって空きの配分をし、行末いっぱいまで印字する方法です。
 空印字のときの残余歯数をスペース(「SP em/16」キー)回数で割ったものがスペース量に加えられて本印字のスペースになります。「SP em/16」キーを一度も押さなかった場合は、残余歯数が字間に均等に割り振られて本印字されます。
 主に和文の詰め組みや和欧混植、欧文組版のジャスティフィケーションに用います。
 中心揃えや右(縦組みでは下)揃え、頭末揃え(植木算)にも用いることができます。

●空 II(空印字2)

 行長と文字の詰め具合(全角に対する相対的な字送り量)が決まっているとき、Q数の変化によって行末いっぱいまで印字する方法です。
 行末までに収まるであろうQ数(任意)で空印字をすると本印字に必要なQ数(主レンズ)とJQレンズが設定されます。本印字では空印字のときの詰め具合が反映されています。

●空 III(空印字3)

 行長とQ数と文字の詰め具合が決まっているとき、文字の形状(長体、平体)の変化によって行末いっぱいまで印字する方法です。
 印字したい高さ(横組みのとき)または幅(縦組みのとき)のQ数(主レンズ)を選んでおいて空印字すると、本印字に必要な変形レンズが選択されます。本印字では空印字のときの詰め具合が反映されています。

●本機能の搭載状況
空 I(空印字) PAVO-10、-JP、-JL、-K2、-K3、-K6、-KL、-KS、-B2、SPICA-AH

空 I・II

PAVO-JV
空 I・II・III

PAVO-KV、-KVB、-KY

非搭載(不明含む) 上記以外の機種


→写真植字機機能総覧
→写植とは

→メインページ