豊郷小学校旧校舎群見学レポート

●その7

←その6に戻る

●さよならは言わないで

 16時を廻り、そろそろ帰らなければならない時刻になりました。
 机の「ヨーロッパ」を廻すと、1期のエンディングの恰好をしたHTT+さわちゃん先生の「Don’t say “good-bye”」というイラストが貼ってありました。

旧豊郷小学校 酬徳記念館テーブルフォト Don't say "good-bye"

 そう、『けいおん!』や豊郷訪問はこれで終わりじゃない。この場所に帰って来れば迎えてくれる筈。またきっと来るからそれまで待ってて!(BGMに『天使にふれたよ!』なんてかけるんじゃなかった、泣きそうだ。)
 実際、見ていない場所や知らないことがまだあります。何度来てもいい場所だと感じていましたが、再訪の理由も出来ました。

 酬徳記念館を出た所で同行人さんともお別れ。短いけれどとても充実した時間を分かち合うことができました。ありがとうございました。いつかまた、この場所で。

 16時半過ぎ、別の所に出掛けていた友人の車が迎えに来ました。
 最後の締め括りに校門の周辺へ行ってみました。

旧豊郷小学校 校門

 重厚な石製の門。鉄製の門扉も建設当時のものを復元したとのことです。
 観光客が頻繁に出入りしてはシーンの再現に勤しんだり構図を決めて撮影したりしていました。(門柱の右にちょっとだけ友人の車が写ってる。待たせて申し訳なかった!)

旧豊郷小学校 唯の飛び出し坊や

 校門の外は中山道。門から出て右(北東)にはギターを背負いパンをくわえた唯の“飛び出し坊や”が立っていました。豊郷に来て1枚も撮らない訳にはいかなかったので、帰り際にすぐ見付かる場所にあって助かりました。

旧豊郷小学校 校門と校舎

 こうして初めての桜高校、もとい豊郷小学校旧校舎群の見学は終わりました。
 僅か2時間半の滞在でしたが、美しい建物や『けいおん!』への熱い想いに触れ、思いがけぬ出会いもあり、とても充実していました。ありがとう豊郷小学校、ありがとうけいおん。
 ここから名古屋まで渋滞に巻き込まれたり迂回したりで4時間もかかってしまいましたが、友人は道中ずっと安全うんたん♪で走ってくれました。N氏、本当にありがとう。お疲れ様でした。

【おわり】

 →2013年6月15日、再訪しました!


→亮月だより

→おたよりコーナー

→トップページ
 

© 亮月製作所 1999-2016 禁無断転載