1/32em単位1/32em送り【32ぶんの1エムおくり】


●詰め組みのさらなる高精度化のために

 全角の32分の1(1/32em)単位での送りを行う機能です。従来からあった歯数指定の送りとは異なり、Q数の大小によって送り歯数が相対的に変化します。

 1970年代に広告等の見出しで一般的になった詰め組みは、写植機の「自動字幅規定装置」と1975年発売の「つめ組み用文字盤」によって半自動化され、版下作業の省力化が図られました。
 さらに1977年、PAVO-K(1973年)以降に採用していた電子回路を8ビットマイコンとプログラムに置き換えた新世代機種「PAVO-JP」「PAVO-K2」が発表されました。
 この機種によって、写研の手動写植機として初めて1/32em単位での送りが可能となり、「つめ組み用文字盤」との併用によってよりいっそう細やかで精度の高い(思い通りの)詰め組みを行うことができるようになりました。
 その後1/32em送り機能は写研の組版言語「SAPCOL」にも採用され、電算写植機でも自動的に詰め組みができるようになりました。

●本装置の搭載状況
搭載

PAVO-10、-JP、-JL、-JV、-K2、-K3、-KL、-KS、-KVB、-KY、-B2、-BL

非搭載(不明含む) 上記以外


→写真植字機機能総覧
→写植とは

→メインページ