写真植字機機能総覧〈写研編〉

光学系

  メイン2サブ10変形レンズ4JQレンズ1〜3ルビ
写真植字に必要不可欠な、光源・文字盤・レンズ・感光部分等

●文字盤
Q(級)・H(歯)
メインプレート・サブプレート
スタンダード文字盤
一寸ノ巾
文字枠固定・文字枠自動
●光源
光源ランプ
光源調整ダイヤル
光量降下スイッチ
採字マスク
口金マスク/選字ガイド
正体採字(光源上部方式)
●レンズ・光学系
主レンズ
ファインダー
シャッター
暗箱・ドラム/マガジン


送り

  任意H送り1H送りQ数連動ベタ送り欧文自動送りインチ送り1/32em単位送り字づら検出送り1・2キー1/16em送りキー1/4歯送りキーエスケープ送り
文字を印字したあと、次の印字位置に移動する動作のための機能 電動送り

組版

  割付計算空1〜3座標記憶欧文ベースライン自動調整くり返し印字自動復改連続印字折り返し印字水平組円組・斜組像回転
文字を美しく効果的に配置するための機能 像反転装置
文字多様化機能

図形

  スポット罫線線長補正斜線・円・楕円
光の点を印画紙に走らせて線を引く機能  

表示
入力

  点示板15型CRTダイヤルインジケータLED表示印字キーキー入力カウンター
オペレータが写植機の動作を把握し、操作するための機構 操作パネル
足踏みスイッチ
コメント
ブザー/チャイム/ベル

題字:秀英明朝+石井太ゴシック体(写研)
写植印字:駒井靖夫(プロスタディオ)

→写植とは
→トップページ