LED表示LED表示〈Light Emitting Diode〉


●座標と送り量をLED数字で表示

 近年の電子制御された手動写植機(PAVO-J系列ではPAVO-JP・PAVO-K系列ではPAVO-K以降)には、既存機種のダイヤルインジケータに代わって、7セグメントデジタル数字の表示装置が搭載されました。初搭載はPAVO-K(1973年)でカタログのカラー写真を見る限り螢光表示管によるものと思われ、これより新しい機種では赤色LED(発光ダイオード)により表示しています。発光方式は異なりますが機能としては同一なのでどちらも本稿で扱います。
 表示可能なのは印字位置の位置or行末までの残余量(1/16em〜15/16emは4個のLEDの組み合わせで点灯表示)と送り I、II の設定値です。ダイヤルインジケータの数値読取よりも楽に情報の把握ができるようになりました。PAVO-K2以降ではエラー番号も表示されます。
 ディスプレイ装置のみを備えたPAVO-KV-KVB-KYでは同等のものがコメントとして画面に表示されています。

●本機能の搭載状況
搭載

PAVO-9、-10、-JP、-JL、-JV、-K、-K2、-KL、-BL、SPICA-AH

非搭載(不明含む) 上記以外


→写真植字機機能総覧
→写植とは

→メインページ