MC(モリサワ名:MC-1)
1950年9月〜1955年1月
(写研機として)

●森澤信夫が独自に設計。
 石井・森沢訣別のきっかけにもなった大改良機。

MC型写真

スタンダード35変形レンズ4JQレンズ1〜3ルビ±99H送りQ数連動ベタ送り欧文自動送りインチ送り1/32em単位送り字づら検出1歯送り送り1・2キー1/16em送りキー1/4歯送りキー割付計算座標記憶欧文ベースライン自動調整くり返し印字折り返し印字水平組円組・斜組像回転スポット罫線線長補正斜線・円・楕円点示板ダイヤルインジケータLED表示なし印字キーキー入力

●森澤信夫の独自設計第1号機

 第二次世界大戦直後、石井氏と森澤氏は再び協同で写真植字機の製造に取り組みました。機械を森澤氏が製造し、電気回路・レンズ・文字盤を石井氏が取り付けることになっていましたが、森澤氏は製造していたA型機(1936年)の性能に満足せず、独自の設計をした写植機を開発していました。

 従来機の改良ではなく完全な新設計であったため、多くの斬新な機構が採り入れられました(以下『写真植字機五十年』から抜粋引用。※は筆者の補足)。
1、従来機が暗箱(ドラム)・点示板が固定し、光源・レンズ系が移動するのに対して、光源・レンズ系が移動し暗箱・点示板が移動する。
2、暗箱(ドラム)の移動は右方にも左方にも自由にきりかえられる。(※横組みが左右方向どちらでも可能)
3、従来機は印字用のキイおよびレバーは1本ずつであり、横打ちは横送り歯車で行なうのに対して、縦打ち専用のためのキイ(ハンドル)と、横打ち専用および横送り用のキイおよびレバーと2本にした。(※縦横組それぞれのために主レバーと送りレバーを装備)
4、文字盤の直上に接する中空筒下端に、特殊の多角プリズム入りのリングを付加して、その回転角度により、文字盤状の文字の向きを自由に印画紙上に写すことができる。この文字の向き転換用のプリズムの効果は、前方のピントガラスに投影されて、オペレーターが容易に確認できる。(※像回転機能とファインダーを装備)
5、文字盤の抑止装置が改良された。
6、電気回路に、電圧調整器がとりいれられ、原稿板上に電圧計が付設された。
7、従来機の鉄脚を除き、両袖抽出しつきの作業机をつけた。
 また1歯送りレバーも装備していました。
 本機は森澤の頭文字Mと、第3期(発明、石井氏との別離、再度の協同)の意味合いであるCから「MC」型と名付けられました。
 このMC機は1950年9月18〜19日に大阪朝日新聞社で発表され、同年12月12〜14日には東京都立工芸高校でも発表されました。
 森澤氏の通告により1951年からはA型機に代わって製造されることになりましたが、双方の意見の相違により(文献でも双方の見方はかなり異なる)1955年1月を以て写真植字機研究所での製造は終了しました。

●その他の機能、仕様

寸法  
質量 250kg
所要床面積  
機械内容 主レンズ  
変形レンズ 3種(No.1〜3)
文字枠収容文字盤 スタンダード文字盤 35枚
収容感材寸法  
ファインダー

点示板
電源、光源  
環境条件  
価格  

→石井式ほか初期型
→写真植字機総覧〈写研編〉目次
→写植とは
→メインページ