割付計算シミュレーション割付計算【わりつけけいさん】


●印字位置を写植機が計算

 指定されたレイアウトに基づいて印字する際、やり直しのきかない写植では予めQ数・字間・行間等を決めておかなければなりません。
 このとき必要なのが割付計算で、従来はオペレータが手計算で印字位置や送り量を求めていました。そしてその値を写植機に設定し、ようやく印字に取りかかることができました。

 1973年に発表された電子演算制御写植機「PAVO-K」で初めて割付計算機能を搭載しました。印字したい文字のQ数・行長・字数等を設定するだけで写植機が印字すべき位置を計算し、パルスモーター駆動によってその位置へ自動的に移動していくというものです。オペレータは採字に専念すればよいのです。

 写研社史『文字に生きる』によると、PAVO-Kでは「中央揃え、行頭行末揃え、行末揃え、ライン揃え、欧文や詰め組みのジャスティフィケーションなどの割り付け計算が複雑な組版や、座標記憶装置を用いたスポット罫線による罫引き、地紋印字などが自動的に早くできる。」とあり、基本的な組版に必要な割付計算が一通り自動化されたことになります。このとき電算写植「サプトン」システム開発の成果がうまく取り入れられたようです。
 割付計算機能はジャスティフィケーション印字「空I」「空II」「空III」(空印字)へと進化しました。(※PAVO-Kに搭載された割付計算機能が後年の空印字に相当するものかは不明)

●シミュレーション機能

 また、PAVO-KL、-KV、-KVB、-KY、-BLには「シミュレーション」という機能が搭載されています。頭末揃えなどの揃え組みをする際、シミュレーション指令ボタンを押してからQ数(変形レンズ適用可)・送りI・字数・スペースや空送りをキー入力し組版に必要な条件を与えると、自動的に適切な印字位置へ送られるようになります。

●本機能の搭載状況
搭載 PAVO-K以降のPAVO型(※空印字を含む)
シミュレーション

PAVO-KL、KV、-KVB、-KY、-BL

非搭載(不明含む) PAVO-8、-J、-U、PAVO型以外の機種


→写真植字機機能総覧
→写植とは

→メインページ