PAVO-KU 1975年

●PAVO-Kの流れを汲む新聞用写植機。

写真なし

メイン2サブ10変形レンズ4JQレンズ1〜3±99H送りQ数連動ベタ送り欧文自動送りインチ送り1/32em単位送り字づら検出送り1・2キー1/16em送りキー1/4歯送りキー割付計算空1〜3座標記憶欧文ベースライン自動調整くり返し印字折り返し印字水平組円組・斜組像回転スポット罫線線長補正斜線・円・楕円点示板なしLED表示なし印字キーキー入力

●拡大・変形・装飾機能が充実

 PAVO-Jを基にしたPAVO-U発表から4年、PAVO-K(1973年)の発表を受けてPAVO-Uよりも高性能な写植機として登場したのがPAVO-KUです。
 新聞社向け仕様であるPAVO-U同様に送りと文字の大きさをU単位とし、変形レンズ4番(60%に縮小)と像回転装置を搭載しています。
 PAVO-KUでではさらに13倍(104U)レンズを搭載し、14倍(112U)・15倍(120U)レンズもオプションで対応しました。変形レンズは5・6番も搭載、文字多様化機能*もついており、写植による新聞組版をより強力にサポートしました。

*文字多様化機能
「新聞の見出しによく使われる縁取り処理を容易にするために、太目文字をつくる他、斜め方向に影をつけるシェード処理、さらに袋文字、地紋あみかけ文字など、多彩な見出し文字を作るための機能である。」(写研『文字に生きる』から引用)

●その他の機能、仕様

寸法  
質量  
所要床面積  
機械内容 主レンズ 5〜104U、オプション112U、120U
変形レンズ 6種(No.1〜6)×12形状 合計72形状
文字枠収容文字盤  
収容感材寸法  
ファインダー 全級数、全形状(正体、平体、長体、斜体)投影可能
点示板 ガラス板裏点示式
電源、光源  
環境条件  
価格  

→PAVO型
→写真植字機総覧〈写研編〉目次
→写植とは
→メインページ